Top > 村民しか知らない馬路保育所(夕涼み会)

村民しか知らない馬路保育所(夕涼み会)

今回は、馬路保育所の行事についてご紹介します。

こんにちは!
馬路村地域おこし協力隊の飯田です。

ここ数日、日本全国で猛暑日が続いていますが、皆さんお元気でしょうか。
馬路村でも例に漏れず、暑い日が続いています。
とはいってもお山の中の馬路村、地上に比べるとまだまだ涼しいようで、朝と夜は比較的過ごしやすい日が続いています。
そんな村で先日、馬路保育所の夕涼み会が行われました。

この日もいいお天気。最高気温は32度! 体を動かすと、じんわりと汗ばむ陽気でした。
朝起きて、洗濯日和ね! と窓を開けると、どこからともなく「ドンドンドン」 と太鼓の音が。
朝から最後の練習をみんなで頑張っていたようです。

夕方、少し涼しくなってから会場の馬路小中学校体育館へ。
会場に入ってまずびっくりしたのが、最前列にズラズラズラっとできていた保護者の列!!
「馬路村は場所取りの必要ないきね~! 」とは聞いていましたが、実際にいつ来てもオールS席でした(^o^)
会場には、七夕の時の短冊が飾ってあったり、子どもたちの作品が飾ってあったり。
子どもたちは思い思いの浴衣や、甚平を着てドレスアップ。
発表会が始まると、元気に踊ったり歌ったり、太鼓を叩いたり。
さらに、1人ずつ自己紹介と、したいことや将来の夢の発表タイムもありました。
「人数が少ないき、1人1人が発言できるきね~! 」と聞いていた通り、1人1人が主役の発表会でした!
まだまだ暑い日が続きますが、暑さも吹き飛ぶくらい元気いっぱいの発表に、私も癒されました(*´ω`*)

そして発表会の後は、馬路村のイベントあるあるですが、片付けはみんなでする。
今回も発表の時に自分が座っていた椅子は、誰が言うでもなくみんなで壁際によせて、机を出して。
準備ができたら、出店で買ったかき氷やフランクフルトを、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒にぱくり。
馬路村らしく、ごっくんのサーバーもありました(笑)

最後に保護者のお父さんたちが運動場で花火をしてくれました。
打ち上げ花火やナイアガラもあり、子どもたちは大興奮。

これからが夏本番!
台風後の大雨で水量が増えていた安田川もだいぶ落ち着いてきて、
先週末は川の方から子どもたちの楽しそうな声が聞こえてきました。
私も馬路村での初めての夏をエンジョイしたいと思います(*^o^*)