馬路村ふるさとワーキングホリデー
Top > 馬路村ふるさとワーキングホリデー

馬路村ふるさとワーキングホリデー

馬路村の暮らしとゆずの文化を体感!

昨年の様子
「柚子の村」として知られる馬路村。
柚子の収穫期には、村の老若男女がゆず畑で汗を流し、村中が柚子の香りに包まれます。
ただ、馬路村も高齢化の流れの中で、「自分だけでは柚子を取り切れない」「柚子収穫を誰かに手伝ってほしい」という方が増えてきています。
また、馬路村は人口減少も大きく進んでおり、「馬路村のことをもっと知ってほしい」「馬路村の生活・文化を外の人にも感じてほしい」と思っています。

このため、馬路村では、県外の方にゆず収穫の最も盛んな11月に馬路村に滞在していただき、ゆずの収穫に従事しながら、馬路村の暮らしと文化を体感できる「馬路村ふるさとワーキングホリデー」を開催しています。
「馬路村ふるさとワーキングホリデー」は、単なる労働力の募集ではなく、参加者が馬路村への理解者・応援者になっていただくきっかけになればと思っています。
このため、
① 単なる数日間のボランティアではなく、2週間程度村に滞在し、ゆず収穫に従事することで、収穫の楽しさ・大変さを知ることができます!
② 村の方々と一緒に働き、交流を深めながら、馬路村の暮らしを体験できます!

ゆず収穫のお給料や、宿泊費や交通費の補助もあるので、お手軽に馬路村に短期滞在できる機会です。
1人での参加も、友達との参加も歓迎です。
この機会に、馬路村で暮らしてみませんか?

以前のワーキングホリデー参加者の様子は下記からご覧いただけます。
村民しか知らない馬路村(ワーキングホリデー)[前編]
村民しか知らない馬路村(ワーキングホリデー)[後編]

【開催期間】
令和3年11月1日(月)~11月30日(火)

【受入期間】
2週間~応相談

【募集期間】
令和3年10月1日(金)まで
※参加決定者には10月8日(金)までに連絡します。

【募集人数】
10名程度
※応募多数の場合は書類等により選考します。

【仕事内容】
主に、柚子の収穫、剪定、出荷作業(小雨でも作業あり)
※農協での集荷作業など、農家以外での就労をしていただく場合があります。

【労働条件】
賃金水準 日給7,000円(時給1,000円)
労働時間 8:00~16:00(昼食1時間)
休日   週休2日程度

【宿泊施設】
滞在期間は、無料で宿泊場所を提供します。
馬路村お試し住宅・馬路村農協「深山荘別館」の2か所の宿泊施設で、男性・女性に分かれて共同生活をしていただきます。リフォーム済みの一軒家です。


【体験】
新型コロナウイルス対策に配慮したうえで、村内各所での体験型のイベントを実施予定です。

【新型コロナウイルス感染対策】
新型コロナウイルス感染防止のため、参加者には抗原検査キットを配布し、陰性を確認のうえ来村いただきます。

詳細については、チラシ・募集要項をご覧ください。
お問い合わせは、電話(0887-44-2114)又はE-mail(shinkou@vill.umaji.kochi.jp)までお願いします。

・チラシ
・募集要項
・申込書
・馬路村ってこんなところ(馬路村農協ホームページ)
・馬路村と柚子について(馬路村農協ホームページ)