Top > 村民しか知らない馬路グルメ(馬路村にケーキがやってきた!! )

村民しか知らない馬路グルメ(馬路村にケーキがやってきた!! )

くねくね山道を登って、馬路村にケーキがやってきました!

ケーキ
こんにちは!
馬路村地域おこし協力隊の飯田です。

みなさん、甘いものはお好きですか?
私は好きです。でも、実は馬路村にはケーキ屋さんがありません。

馬路村は山の中にありますが、携帯電話は普段の生活で問題なく使えますし、村内全戸で光回線が利用可能です。
私は村営住宅をお借りして住んでいますが、都市部と違うところといえば、
馬路村の各家には受信機がついていて、1日に何回か村からのお知らせを聞けるようになっていることでしょうか。

そんなある日、村内放送で農協購買にて高知市のケーキ屋さんのケーキを販売するとのお知らせが!
実はこのお知らせ、2回目なんです。
1回目の放送を聞いたとき、え、食べたい!! と思っていたのですが、その日はすぐ売り切れてしまい、
今回こそはと思い、早速取材に行ってまいりました!!

11時から販売開始とのことだったので、少し前に販売場所の農協ストアに到着。
店内には大勢のおばちゃんたちが、ケーキが届くのを今か今かと待ってらっしゃいました(*´ω`*)
近くにいた方に話をお伺いしたら、「前回の話を聞いちょったで買いに来たよ~」とのことでした。
他にも「いっぱい買って帰りたいけんど、いかん! 冷蔵庫あいてない! 」 なんて声が聞こえてきたり、
ケーキに夢中になりすぎて、ケーキだけ持って買い物かごを置いてきてしまう方もいたり。
気持ちはすごーくわかります! 私も、写真を撮りに行った際は勤務中だったので買えませんでしたが、
お昼休みになった途端に買いに行きました。職場で隣の席の方とも入り口でばったり(笑)
女性だけじゃなくて男性のお客さんもいらっしゃいました。
もちろんプロが作ったおいしいケーキなんですが、馬路村の壮大な自然の中で食べるケーキはなんだか特別で、
さらにおいしく感じました。

農協の方にどうしてケーキの販売をしようと思ったんですかとお伺いしたら、
「私たちも食べたい! あんまり買いに行けないから」 ということでした。
多くの村民は休みの日に車でお山を下りて、近くの市町村まで買い出しに行くのですが、お仕事があったり、
私みたいに車を持っていない村民にとってはなかなか遠くに出かけるのは難しかったりするので、
こういった機会は大変うれしいです。
農協の方も楽しめて、村の人も楽しめる、馬路村らしい終始なごやかな販売でした。

これがえい

次回開催は秋ごろかな~ということでした。
どんなケーキが食べられるのか、今から楽しみです(*^o^*)