Top > 村民しか知らない馬路サークル(りっちゃんのドーナツ編)

村民しか知らない馬路サークル(りっちゃんのドーナツ編)

今回は馬路村のグルメの情報についてご紹介しています。

「村民しか知らない馬路グルメ(りっちゃんのドーナツ編)」

こんにちは!
馬路村移住コンシェルジュの山﨑です。

今回は馬路地区で美味しいお菓子を作っている
「りっちゃんのドーナツ」をご紹介します。

25年前、村のおばちゃん、清岡律子さんが自動販売機の横でジュースやコーヒーを飲むおんちゃんたちを見かけました。あのおんちゃんたちが山へも持っていけるおやつを作って、自動販売機の横に良心市を作っておいてみたらどうじゃろ、と思いました。

そんな時、村の食生活改善推進協議会のレシピにジャガイモを使ったドーナツのレシピがありました。それを元にりっちゃんの試行錯誤の試作が始まりました。
材料のジャガイモを
サツマイモにしたり
かぼちゃにしたり
油の温度…ガスでは強すぎる…
粉の分量、薄力粉だけでは物足りない…

何度も何度も試作を重ねてはご近所さんへ配っては食べてもらい感想を聞き、また試作と続きやっと今のかぼちゃドーナツのレシピにたどりつきました。

そして、かぼちゃ入りのドーナツを作ってみると、甘すぎず栄養満点のドーナツに仕上がりました。ドーナツを割るときれいなかぼちゃの黄色でまわりはさっくり中はしっとりしていて、子どもからお年寄りまで大好きな味です。りっちゃんのこだわりは、お砂糖をまぶさずほんの少しだけ中に入れるお砂糖を増やしかぼちゃの甘味でドーナツを作ること。
「食べたときに手がべたべたしないようにと。」りっちゃんの心使いです。
売り始めたころに、子どもたちの少年野球に差し入れをしてみたり、子どもたちにおいしいですよと宣伝してもらいながら、売り歩いたりもしました。今では村でりっちゃんのドーナツといえば、みんな知っています。

そのレシピは馬路小学校の一日先生としてりっちゃんが子どもたちに教えてくれたり、ひよこくらぶで小さい子どもがいるお母さんに教えてくれたりしています。

村ではりっちゃんのドーナツをゆずの森直売所で販売しています。
3個で160円。りっちゃんの体調次第なので、販売している日としていない日がありますが、ご了承ください。
馬路村に足を運んだ時には、ゆずの森直売所にぜひ立ち寄ってみてください。
私の娘(中3)は4個ペロッと食べてしまうほどの逸品です!