Top > ★移住者の声 佐山さん 堺野さん

★移住者の声 佐山さん 堺野さん



移住コンシェルジュ 山﨑絵美


馬路村に移住されたお2人、佐山くん、堺野くんにお話を伺いました。
 職場はエコアス馬路村で山師として働いてくれています。山の仕事は大変だと思いますが、先輩方は親身になって、いろいろなことを教えてくれていますと話してくれました。例えば、口には出してないけどどうしようかと迷っているときに「大丈夫か~?」と、先輩の方から声をかけてくれることがあり、その後は自分からでも声をかけやすくなったそうです。エコアス馬路村の社員さんのチームワークの良さを感じました。

馬路村で暮らしてみてどうですか?

佐山さん:地元の方と少しずつ顔見知りになって時々、ご飯を食べたり、お酒を一緒に飲んだりと誘ってもらえてうれしいですね。
堺野さん:ぼくは少し人見知りだけど、若者の集まりに呼んでもらって、その時に気持ちが変わって楽しいなと思えるようになりましたね。

村にあったらいいものはありますか?

佐山さん:カラオケとか飲み屋とかあったらいいなとは思いますね。あとは、魚梁瀬の自然を生かしたアクティビティなんかがあればいいなと思いますね。あったら、遊べますよね。
堺野さん:コンビニとか、気軽に買い物できるお店ですね。でも、近所のかたにお願いしてお弁当を作ってもらっているので助かっています。山の仕事は体力勝負ですから。

今後村に移住したいという人になにかアドバイスはありますか?

佐山さん:引きこもらないことと、車の運転は必須ですね。ある程度、職場や近所の人との交流をしながら家の中ばかりにならないことですね。
堺野さん:社会人1年目なので、学生の時とのギャップを感じています。それは村でなくてもどこにいても感じることですが、仕事を頑張ることで地域にも慣れていくかなと思います。
二人は村に移住してくれて少しずつ慣れていってくれているようです。馬路村では、インターネット回線も整備しています。買い物などはネット注文ができ、パソコンも使いやすので村といっても快適に過ごすことができます。若い2人が頑張っていますので、応援してくださいね。
エコアス馬路村HP